燕の巣の美容効果はすごいけど、食べますけ?

素朴な疑問!

 

燕の巣の美容効果って本当にすごいんですよ!この燕の巣の効果は後ほど、延々と語るとして(笑)
そもそも、燕の巣って食べますか?
私は今まで一度も食べたことないです・・・。

 

燕の巣を食べるとしたら、中華料理ってイメージなんですけど、私中華ってちょっと苦手で外食しても中華料理を食べることってなかったんですよね〜。なので、なおさら、燕の巣を食べる機会がないんですw

 

美容にとてつもなく良いと言われる燕の巣ですが、どうせ普段食べることないしね!と半ばあきらめ気味でw燕の巣の美容効果を語っていきます!

 

燕の巣の美容効果とは??

燕の巣は、シアル酸やFGF(線維芽細胞増殖因子)、EGF(上皮成長因子)が含まれています。
FGFは、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを作る元となる細胞。肌の弾力やハリ、透明感を生む、コラーゲンの成長を促進させる成分です。

 

EGFは、老化現象を止めるだけでなく、元に戻す力を持つと言われている成分。肌の細胞の再生を促進させるため、年々衰えていくターンオーバーを正常に戻していきます。そのため、シミ、シワ、ニキビなどの抑制に繋がります。

 

シアル酸は、私たち人間の唾液や母乳に含まれていて、細胞と細胞の連絡を取り合う働きをしています。この連絡を取り合う働きがなぜ重要なのかと言うと、美肌の元となるコラーゲンやヒアルロン酸を必要としている場所(体内の)へと誘導しているんです。
ですので、この誘導や連絡を取り持つシアル酸が減少していけばいくほど、コラーゲンやヒアルロン酸など美肌成分や有用成分が体内の必要なところへ行き届かなくなってしまうんです。シアル酸が体内に十分に存在すれば、シミやシワ、たるみと言ったアンチエイジングに効果を発揮するので、年齢の割には若い!!という人はシアル酸の役目がしっかりしている人が多いんです。
また、神経刺激作用を持つシアル酸のため、育毛効果もあると言われています。

 

燕の巣には、シアル酸やFGF(線維芽細胞増殖因子)、EGF(上皮成長因子)といった3つの重要な成分が含まれていますが、他にも水溶性タンパク質、多種のアミノ酸、水分、ミネラル、カリウム、ビタミンB1、リン、ヨウ素、カルシウム、炭水化物、繊維質、少量の脂質が含まれています。

 

燕の巣には、栄養補給、血液の状態を正常にする、気力の充実、喘息、痰、咳、肺機能の回復、美容や胃の健康、滋養強壮など優れた効果があるため、大昔から中国では高級食材として利用されてきました。

 

そこらの燕の巣は食べれないので注意!

現在も高級食材であるのは変わりないのですが、玄関や軒先に作る燕の巣とは全く違うので注意を!うちにも毎年ツバメが巣作りにやってきますが、どう見ても食べられる巣ではないです(笑)
木の枝や葉っぱ、土などを器用にもってきてせっせと巣づくりしています。これを見ると、食べたいとは思えないし、食べれないので注意してくださいね。美容効果のある燕の巣というのはアナツバメの唾液でできた燕の巣のことです。東南アジアの一部でしか採取できない上に政府が厳重に管理していて、誰でも採取できるわけではないんです。
それだけ、厳重な管理をしながらの採取なので、量が出回らないため現在でも大変高価な食材なのです。

 

高級すぎるけど似たような食材はないの?

ツバメの巣は高級食材なので、ほんの一部の人が食することができます。(お金をだせば食べれますが、毎日食べるなんて無理ですもんね)。燕の巣の何がすごいって、豊富なシアル酸とEGF、FGFという成分が入っていることなんですが、燕の巣の変わりとなる食材はないものでしょうか?

 

簡単にシアル酸とEGF、FGFのおさらい。
シアル酸は、細胞と細胞を結ぶ役目をもっていて、コラーゲンやヒアルロン酸などを体内の必要なところへ運ぶ支持をだしている重要な成分。
EGFは、肌、皮膚の表面の再生や修復を促すため、ハリやつやを与える成分。
FGFは、真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸の成長や増殖を促し、肌にうるおいや弾力、透明感を与える成分。

 

ただ、コラーゲンを与えるだけ、ヒアルロン酸を与えるだけでは何の役にも立たないのです。シアル酸の誘導や指示があるからこそ美容成分は初めて意味があるのです。さらにEGFとFGFはペアで摂取することが大変望ましいと言われています。
肌表面だけ潤しても、肌内部がスカスカだと表面の潤いや弾力は偽物だとすぐにばれてしまいます。その逆も同じで肌の内部に頑張って力を入れても、肌表面がシミだらけ、ニキビだらけでは意味がありません。
EGF,FGFは、ペアで摂取することで美肌効果が高まるのです。

 

そんな、シアル酸、EGF,FGFを含む燕の巣の変わりとなる食材はというと・・・
ないです。

 

3つとも同時に含む食材というのはないのですが、シアル酸だけなら有名なローヤルゼリーや母乳、人の唾液、卵のカラザなどにもシアル酸は含まれています。ですが、野菜や肉に含まれているわけではないので、なかなか摂取するのは難しい成分なんですよね。

 

ちなみに食材に含まれるシアル酸の含有量は(100g中)
唾液 5r
ミツバチの唾液(ロイヤルゼリー) 50r
母乳 150mg
ツバメの唾液(ツバメの巣) 10,000r
卵のカラザ 1000mg

 

ん??卵のカラザにあるじゃん!と思った方は・・・残念!

卵のカラザって何かご存知ですか??白身でも黄身でもない、白身と黄身をつなぎ留めておく鎖状の白い紐のようなものを「カラザ」と言います。卵料理するときに混ざりにくいので取り除く人もいるかもしれませんが、(白くてぢゅるんとした塊の奴です)実はこのカラザにシアル酸が含まれているんです。

 

そこで、先ほどの 卵のカラザ 1000mgという数字に注目!
1000rも入ってるんなら、卵を1日2〜3個食べたらシアル酸を大量摂取できるんじゃん♪と思ってしまいますが、そこはほら残念(笑)
あくまでも100gあたりに含まれるシアル酸の数値が1000rですからねー!
卵1個の中にカラザなんて1gにもなるのでしょうか?ほんの少量なので、とてつもない量の卵を食べる必要があります。ですので、シアル酸を含む食材を見つけたからといって、卵を食べまくるのはNGです。

 

それから、母乳にも150r入ってますね。赤ちゃんの成長のためにもかかせないシアル酸なので、ぜひ母乳、とくに初乳は飲ませるようにしたいですね!

 

ローヤルゼリーには多くのシアル酸が含まれていると思っていましたが、実際はそうではなく、燕のスの方が約200倍も多く含まれているんです。古代中国の楊貴妃がそれを知っていたのかどうかはわかりませんが、燕の巣を食べまくっていたのに納得です。

 

日本でも燕の巣がすごい!と人気なのでサプリや美容ドリンクに燕の巣が入っているとわかるとついつい選んでしまいますよね(笑)単純に、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタとアンチエイジングや免疫力向上のために飲んでいる人もいるでしょうが、ほぼ効果を感じないのは、シアル酸の働きが少ないのも原因かもしれないですね。

日本でも大人気!燕の巣の美容サプリ&ドリンク

冒頭で、燕の巣って普段食べないし、手に入らないからいくら美容効果がすごい!!!!!って知ってもどうにもならないじゃんかよーって(ここまで言ってないw)諦めてましたが、サプリや美容ドリンクで摂取するというのも一つの手ですね!

 

ただ、燕の巣の偽造品や模倣品、偽物が結構出回っています。先ほども書きましたが、高級食材の燕の巣で、東南アジアの一部でしか採取できません。それに、各国の政府の管理下にあるので、色々なサプリやドリンクなどに配合しようとしたら相当な価格なります。

 

燕の巣にもランクがあるので、不純物の入っていない燕の唾液のみで出来た純粋な燕の巣は大変貴重で高価です。そのようなランクがあるので、ランクが低いものが出回っていてそれを高級品だと言っていたり、燕の巣でもないのに燕の巣だと偽物を本物だと言っている場合があるので注意してください。

 

最高級の天然アナツバメの巣を使用した「美巣」

最高級の天然アナツバメの巣を使用した「美巣」は、国内で唯一天然アナツバメの巣を使用したと証明できるブランドです。金額は高いですが、手が出せないものでもないので、シアル酸やEGF、FGFが豊富な燕の巣をアンチエイジングや免疫力アップ、健康のために摂取するなら「本物」を摂取した方が断然いいです。

 

本物かどうかもわからない、まして燕の巣が使われているのかもわからない、サプリやドリンクに手を出すぐらいなら「本物」を摂取してくださいね!

 

>>日本で唯一本物と証明できる燕の巣「美巣」の詳細はこちら

 

 

 

更新履歴